変わるのは今、自分の価値を高めましょう

今の仕事のやり方でいいのだろうか?

職場で楽しく過ごせたら、どんなにいいことでしょう。
楽しく過ごせていないのなら、そこにヒントがあるかもしれません。仕事の評価は、机に向かっている時間ではなく結果です。仕事の効率を上げられたら、余裕ができるはず。同僚とのおしゃべりも楽しくなります。
残業せずに帰れたら、どんなにいいことでしょう。
仕事が残っているから残業をするわけです。それは本当に今日中に仕上げなければならない仕事なのでしょうか?仕事の効率を上げられたら、残業もなくなるはず。明日の朝は快適な目覚めとなるでしょう。

効率化という言葉はよく聞かれます。では、効率の悪い仕事とはどんなことを指すのでしょう。
目の前に現れた仕事を順番にこなしていては効率のいい仕事とは言えません。まず、今日一日にしなければならないものをリストアップしましょう。

リストアップで見える化

あてずっぽうで目的地に向かうのと、ナビを使って向かうのとでは、早さも労力も変わります。
目的地に何時に着かなくてはならないのか。ここが明確であれば、この時間までにはここまでという小さな目標も見えてきます。このような短いスパンでの目標は、目安となるだけでなくやる気を起こさせますので集中力も変わってきます。また、途中経過に余裕が生まれれば休憩をとるというハードルも低くなります。
ToDo リストという言葉がよく出回っています。なすべきリスト。
やるべきことをリストアップするわけですが、ただ書き並べても目に付いたもの、やり易いものからやってしまいがちです。
その項目に優先順位をつけるべきであり、またその納期も付しておく必要があります。今日のリスト、今週のリスト、今月のリストなどを組み合わせて活用できれば、さらに仕事は効率化されます。