変わるのは今、自分の価値を高めましょう

仕事中に雑談ばかりして、残業はせずに真っ先に帰る。それでいて、部下からは慕われ、上司からの評価も高い。 そんな人、周りにいませんか? 不公平感があるかもしれませんが、はねつけてしまうより、観察して良い点は取り入れてみてはいかがでしょう? もしかしたら、自分自身が変わるタイミングが来ているのかもしれません。

仕事の中身を解きほぐしていきましょう

仕事の優先順位とは何でしょう。また、その仕事に求められているものは? 一生懸命頑張り続けることがマイナス?残業をいとわず、目の前の仕事をすべてこなすことは素晴らしいことではないのか? 自身の抱えた仕事をイメージしながら、具体的に探ってみましょう。

アイデアは、いたるところに示されています

インターネットの検索を活用しますと、具体的な改善策がたくさん転がっています。 よくある具体例をまとめてみましたので、参考にされてはいかがでしょう。 わかってはいるけど・・・実は、周りがやっていたり、先輩に教えてもらったことがあるのだけど、実行していないだけではありませんか?試してみてもいいのでは?

残業残業で、疲れ切ってはいませんか?

人生の目標は人それぞれです。出世がすべてではありません。
しかし、嫌われるより好かれた方がいいですし、評価されないよりは評価された方がいいでしょう。

どうやら仕事ができる。と言われるような人には、共通の要素があるようです。
とらえ方の違いで、要素の表現は変わるかと思いますが、おおむね、仕事の優先順位が分かっている。無意味にこだわらない。オン・オフのメリハリがある。すべてを抱えない。といったところかと思います。
その逆を究極的に表現すると「すべてを抱えて常に全力投球」というところに落ち着きそうです。
これは、がんばっている社員のようで、実は効率的とは言えない残念な社員のモデルになってしまうようです。

具体的なことは別の項目で触れることとし、まずは自身をチェックしてみることにしましょう。
今、自身の立場に焦りはないか?心配はないか?楽しく働けているか?自信を持って働けているか?
年をとると、それだけ変わるのがおっくうになるだけで、人間いくつになっても変われます。
もし、今、なにか自分の中にこんなはずじゃないという思いがあるとするならば、現実と認識にズレがあるわけで、現実は勝手には変わってくれませんので、認識の方を変える必要があります。
それは、神様が軌道修正をうながしているんだよ。ということを、どこかで読んだことがあります。
状況変えるための起動ボタンは、自分が変わることです。
さぁ、自身をチェックし、改善策を探ってみましょう。